shift green 環境に優しく

Step1 設計思想

光、水、風、緑。自然をデザインしたグリーンな住空間へシフトする。

環境共生型住宅の需要がたかまるなか、住まいと自然とをつなぐエクステリアの役割があらためて見直されつつあります。機能的で美しいだけでなく、省エネルギーで快適な住空間を補完するエクステリアへと、今、エコシフトしていくとき。

環境技術の活用はもちろん、緑や光、水をデザインして自然を上手に取り入れていくことは「快適+エコ」の一歩進んだ暮らしです。雨水の利用、屋上・壁面緑化、環境効果を具体的に見るシステム「CASBEE(キャスビー)」の導入など、セキスイエクステリアならではの視点とノウハウで低炭素社会を実現するエクステリア・デザインをご提案していきます。

身近な緑の活用で地球温暖化を抑制します

エクステリアの緑比率をあげることで、カーボンオフセットやヒートアイランド現象の緩和など、身近なところから地球温暖化問題に貢献することができます。

これらの効果をわかりやすく目で見るシステム「CASBEE(キャスビー)」の導入で、具体的な目標を定め、効果をフィードバックできる仕組みをとりいれています。

 

カーボンオフセット
「カーボン(二酸化炭素)」+「オフセット(相殺する)」の造語で、地球温暖化の主な原因となる温室効果ガスを植林やクリーンエネルギー事業への投資を通じて打ち消し、削減するという考え方。
ヒートアイランド現象
冷房の空調、コンクリートやアスファルトによる熱吸収、窓や壁の反射による輻射熱などで都市部の温度が局地的に上がる現象。
CASBEE(キャスビー)
建築物総合環境性能評価システム。2001年度国土交通省が主導し(財)建築環境・省エネルギー機構内に設置された委員会によって開発された建築物の環境性能評価システムのこと。環境負荷削減や景観、音環境への配慮などの品質を総合的に評価する。

CASBEE:建築物総合環境性能評価システム

住まいの環境性能評価に対応する「エコテリアプラン」の提案

パッシブソーラーシステム

樹木を活用したパッシブソーラーシステムで、冷暖房費の節約と省エネルギーに貢献します。落葉広葉樹などの活用で、夏はしげった葉で日陰をつくり、冬は落葉して暖かな日ざしをたっぷり届けてくれることでしょう。植栽スペースや手入れの方法、土地柄、好みに合わせた樹種をえらんでご提案します。

パッシブソーラー
機械設備の使用や外部からのエネルギー供給をせず、建築的な方法や太陽のエネルギーだけで効率的な省エネを実現するシステム。

壁面や屋上の緑化

植物のもつ断熱性を利用した壁面や屋上の緑化が注目されています。緑化は冷暖房の使用を減らすだけでなく、木の葉音を感じ、風の流れを呼びこむなど、癒しの空間の創出に、ひいては地域社会にゆたかな緑の空間をつくり出すことにつながります。住まう人はもちろん道ゆく人々の目をも楽しませる、自然と共存しながら快適さを実現するシステムです。 

雨水の有効利用

すべての命のみなもと「水」。その水を有効に使う雨水の利用を積極的にすすめます。雨水貯留タンクを活用した植栽への水やりや愛車の洗車、保水タイルによる温度上昇の抑制や打ち水効果の持続など、雨水の用途はさまざまなシーンに広がっています。